資料請求
お気に入りに追加

menu



山田 花子

山田 花子 20歳

ある事情があり、高校を受験せず中卒のまま派遣に登録。今は工場で勤めている。
看護の専門学校に行き看護師になるのが夢。趣味はマン喫に行くこと。
好きな言葉:根性

山崎 太郎

山崎 太郎 22歳

中学から不登校気味だった。高校で再起をはかろうと工業高校に入学するもまた不登校になり2年で中退。同じ年の人が就職や結婚が増えてきて自分もそろそろ正社員になろうと思い仕事を探している。学力は中学数学は全く分からない(汗)趣味はプレステ
好きな言葉:どうにかなる

川崎 健太

川崎 健太 16歳

この中では1番若い。全日制に在籍(休学中)。高卒認定の事を友達から聞き大学や専門学校に行ける事を考えると高校に行くより18歳まで自分の好きな事をやっておきたいと思い休学している。趣味はスマホ。
好きな言葉:スマホは命より大事


高卒認定試験の予備校、塾を選ぶ際の重要な4つのポイント2

予備校のメリットとデメリット

高卒認定の予備校のメリットとデメリットはどのようなタイプを選択するかで決まってくると思います。
たとえば、校舎や教室のある予備校に通って受験対策を受ける場合、まずメリットとしては、同じ目標をもつ人が集まります。
仲間ができ励ましあって勉強を進めることができるかもしれません。やはり、まわりに仲間や友達がいるということはモチベーションの維持にも大いに役立つことになると思います。
デメリットとしては、
  • 授業時間が自分の希望する時間帯に合わない
  • 通うのに時間がかかってしまう
といったように、特にお仕事などで時間的な制約のある方は、「通う」ということ自体がデメリットとなってしまう場合が多いようです。

予備校にかかる具体的な費用

高卒認定の予備校の中でも、通信制高校の科目履修という制度を利用する場合であれば、年間70万程度の学費が必要となる場合もあります。

通信教育での学習を行う予備校であれば、年間20万〜40万弱程度の学費が必要になるところが多いでしょう。

通学であればおおよそ1年間の費用は50万円前後でしょう。これらはあくまで目安であって、高卒認定試験は、受験する科目数がひとそれぞれ違うという特色がありますので、受験対策に必要な科目数に応じて学費が変動する予備校もあります。

まずは、気になる予備校に直接問い合わせてみるのもいいでしょう。その際、受験科目数を把握していれば、より具体的な費用がわかることもあります。

まとめ

もしあなたが高卒認定試験対策を予備校で考えるうえでの判断基準を解説しました。

予備校に行く時間の確保や費用がどうしても難しいという人は通信講座はおススメデス。

今では通信講座も予備校と同じ内容をスマホで出来るようになっています。
スマホがある事で
  • 予備校と同じ映像授業で学習可能
  • 最新の情報が常にアップされている
  • 質疑応答が個別で受けられる
昔では考えられない事がスマホで可能となっています。

この3点を考えるとライセンススクールコーポレーション株式会社の高卒認定試験の通信講座がおススメです。

まずは無料の資料請求をしてスマホ学習の良さを知ってみましょう。

あなたが求めているベストなものではないかもしれませんが、1番近い方法がこの通信講座です。

そっか
良い所も悪い所もちゃんと言ってくれるのは信用出来るもんね。

何でもそうだね。
自分の事を良い事ばっかり言っている人ってなんか逆に信用できないもんね

さすが、若林さん
素直が1番ね。
私、若林さんはタイプじゃないわ。

あ・・・・・


そう・・・


それは言う必要ないと思うけど・・・



  • 前へボタン
  • 次へボタン
 

Copyright (C) 2010 高卒認定講座比較.com, All rights reserved