高卒認定の通信講座デメリットメリット 価格は?添削だけ?

高卒認定受験を考える際通信講座を視野に入れる人も多くいます。そこで疑問に思うのが

このような事を解説していきます。

通信講座のデメリットメリットは?

高卒認定の通信講座の

【デメリット】

  • 自分で時間を確保する必要がある
  • リアルタイムで質問が出来ない
  • 1人で行うのでモチベーションの維持が難しい
  • 授業が1回しか見れない

【メリット】

  • 好きな時間に勉強が出来る
  • スカイプや電話で個別に質問が出来る
  • 学校に通う必要がない
  • 何度もスマホやパソコンから授業が見れる

高卒認定の通信講座のメリットデメリットは上記にしめした通りです。

その人の状況で合う合わないは変わってきます。上記にも書いていますが、通信講座の最大のメリットは授業を何度も繰り返し見れるところが予備校と最大に違うところです。

通信講座の価格って?

費用は、高卒認定の対策の予備校や会社により異なります。

それぞれのスタイルがあります。参考にして下さい。
『スクーリングは、通うことです。』※年間の価格です

スタイル
費用
自宅で勉強
スクーリング無し
月1回~2回
スクーリング有り
週1回
スクーリング有り
『8科目』 30~40万 60~65万 70~80万
『7科目』 30~35万 55~60万 65~70万
『6科目』 25~30万 45~55万 60~65万
『5科目』 20~25万 40~45万 50~60万
『4科目』 15~30万 35~40万 40~50万
『3科目』 10~15万 30~35万 30~40万
『2科目』 10~15万 20~25万 25~30万
『1科目』 10~15万 15~20万 20~25万

あくまでも参考値です。今ではタブレットやスマホが普及していますので「いつでもどこでも」勉強が出来る仕組みが整っている場合が多いでしょう。

通信講座って添削だけ?

★添削だけは、昔のイメージです。添削課題だけではありません。

わからない箇所を、すぐ理解できるまで聞ける質問が電話やスカイプで可能です。

もちろん今も添削【提出物】はありますが、

  • 自分の実力を試す試験【試験日前に提出】
  • 理解度を確認する試験
  • 試験日直前対策

など今は、グレードUPしてます。昔の添削だけのイメージとは少し違ってきています。

まとめ

通信講座と聞くと、独学のイメージがある方が非常に多いです。

1.単に独学とういには、本屋さんや自分が持っているテキストなどで『1人で勉強』し、わからない箇所があれば、自分で調べるかまわりに聞くかの勉強方法です。

2.現在の通信教育の方法は、

  • 高卒認定の試験に出やすい的をしぼった勉強方法
  • わからない箇所があれば直接講師に質問が出来る
  • 自分の実力を試す試験などあるため、弱点がわかる
  • タブレットスマホなどで授業が何回も受けられる
  • リアルタイムで新しい情報が届けられる

今では予備校もタブレットやスマホを使って生徒の成績を伸ばしています。モバイル末端の普及で予備校と通信講座の境目は薄くなっているのが現状といったところです。

ちなみに、テキストと添削だけの通信講座も存在します。これらは昔イメージしているような通信講座かも分かりません。

★勉強の方法がわかならい。『何から、手をつけたら良いのか???どうしたら、合格できるのか??わからない方まずは、参考にして頂ければと思います。』