高卒認定試験の願書 入手や申し込み方 書き方や必要な書類他

高卒認定試験ってさ、
色んな事みんな言ってるけど実際どれくらい難しいの?

願書は文部科学省にいえば手に入るわよ。
でも、毎年、結構の人が願書の提出忘れで受験できない人がいるわよ。
だから気を付けておかないと受験出来なくなるわ。

そうだね。勉強してても全部が水の泡になっちゃうね。

高卒認定試験の願書について

このあたりを解説します。

高卒認定試験願書の注意事項や必要書類

  • 願書を間違わないように書く《必ず消せる鉛筆HB以上で》
  • 免除される方の場合必ず開封されていない《単位習得証明1通》
  • 1回受験したことがある場合・1科目でも合格してる場合、次回の受験からは単位習得証明必要ないです。
    ※ただ1回受験したことがあるけど、何も合格出来なかった場合は、再度受験の時に単位習得証明必要です。
  • 住民票・戸籍抄本など1回受験したことがあるけ方は、提出無しです。
    ※注意:引越しなど、以前受験した時と状況が変わってる場合は必要です。

書き方

まず書く前に必ず鉛筆HB以上を準備して下さい。

一番間違いなくスムーズに記載できるのは、文部科学省に電話(03ー5253-4111)して書き方を聞くのが間違いはないでしょう。
※注意:文部科学省は、平日のみ9時~18時20分

忙しくて電話出来ない場合、願書についてくる受験案内の中に《簡単ガイド》が挟まってます。

これがわかりやすくなおかつ一番わかりやすいのは、受験案内の冊子です。その年によりページが変わるかもなので、目次を見て下さいね。

高卒認定の対策している所のHPで動画を無料で見れるように提供してるとこも多いです。

取り寄せ→入手方法

高卒認定の願書の入手方法は以下の3つがあります。

  • 文部科学省の HPからメールで願書取り寄せ
  • 文部科学省に電話をして、願書取り寄せ(03-5253-4111)
  • お住まいの教育委員会

願書の入手時期と締切

毎年、8月の受験の願書の配布は→4月上旬から、出願期間は→4月下旬~5月中旬まで。11月の受験の願書の配布は→7月下旬から、出願期間は→9月上旬~9月中旬まで。

詳しくは「文部科学省」のページをご確認ください。
※注意:2ヶ月~3ヶ月前から配布されます。必ず忘れないようにして下さい。

配布場所

高卒認定の願書の配布場所は都道府県によって違います。

各地域必ず1つ以上の配布場所を用意していますので以下からあなたの地域の配布場所を確認してください。

まとめ

願書の時期に 毎回多いのが

  1. 願書の取り寄せを忘れていた
  2. 出願期間が過ぎた
  3. 受験案内(願書)が届いたら安心して、受験案内きたら受験出来ると思ってた※願書出して、受験票が到着するまでは気をつけて下さい。
  4. 免除がある方で、単位習得証明が間に合わない
  5. 住民票を取りにいく時間がない

上記の内容でもしもの場合、解決出来ることもあるので焦らず・諦めず、どこかに電話して聞くことです。

一番重要で、どうにもならないのが言い方悪いですが、とりあえず書き方少々間違えても、まず提出・期日までに送ることこれがポイントです。

絶対受験する気持ちがあっても願書を出さないと始まりませんくれぐれも、配布日を要チェック!!

願書だけ取り寄せるのであれば文部科学省だけでいいけど免除科目があると学校との兼ね合いもあるから早めに色んな手続きしておかないと間に合わないかもね。

本当にそうね。前もって用意しておくことは大事ね。
受験する事を決めたらまず願書配布の開始日から調べる事を勧めるわ。

了解しました!